デハニが日常だったころ(平田にて)

3